化粧品(化粧水、クレンジング、シャンプー)の界面活性剤は種類と成分に注意

今日は、「化粧品製造メーカーが本音を語る!敏感肌・乾燥肌の方が知るべき7つのポイント」の第6回目です。

株式会社アーケアの社長である井上さん(●アースケア アクシリオシリーズ)の解説をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

界面活性剤とは

簡単にいうと、水と油の両方の性質を持っている物質で、水と油が分離しないように(くっつきやすいように)する働きがあります。

私個人としては、界面活性剤というと、はっきり言って悪いイメージがあります。
ところが、人間の体内や植物の中にも存在している物質で、決して悪いものではないそうです。これにまず驚きました。

目的

界面活性剤は、いろんな用途に使用されています。

洗浄作用、気泡作用

background-1051850_640

洗顔、クレンジング、シャンプーなどで使用されます。

まず、水と油を混じり合わせて汚れが落ちやすくします。石けんも界面活性剤の1種なのだそうです。

洗顔やボディソープの泡立ちをよくするためにも、界面活性剤が使用されます。
これは、泡で肌への摩擦を軽減するためなのですね。

ちなみに、泡立ちと洗浄力は直接的な関係はないのだそうです。泡が立っているのと汚れが落ちているのは別なのだとか。

乳化剤

dips-58738_640

お菓子、加工食品、乳飲料、炭酸飲料、医療品、医療部外品、燃料で使用されます。

セパレートタイプではないドレッシングには、乳化剤が配合されています。

乳化剤は、化粧品では不可欠です。
化粧品は、水分と油分から出来ているので、そのままだと分離してしまうんですね。
ブレンドされた状態で安定させるために、界面活性剤が使用されるのです。

スポンサーリンク

人間の体内にもある

界面活性剤は、合成されたものだけではありません。

胆汁は脂肪の消化吸収に欠かせない物質ですが、脂肪を乳化する界面活性剤なのです。

実際、ヨーロッパでは「牛の胆汁エキス」配合の石けんが古くから使われています。
胆汁エキスに含まれるたんぱく分解酵素に、強力な染み抜き効果があるのだとか。

石けん 洗濯石鹸 フレディガルザイフェ

新品価格
¥458から
(2016/1/26 18:46時点)

SONETT ( ソネット 洗剤 ) ナチュラル ゴールソープバー 100g ( しみ抜き用固形石けん )

新品価格
¥540から
(2016/1/26 18:47時点)


このように、自然界に存在するものもあるんですね。

合成と自然の界面活性剤:メリットとデメリット

天然の界面活性剤には、胆汁以外にも、卵黄に含まれる卵黄レシチン、大豆に含まれる大豆レシチン、お茶など植物に含まれるサポニンがあります。

天然のメリットは、安全性が高いこと。しかし、機能性が劣るというデメリットがあります。

これに対して合成の界面活性剤は、天然のものよりもはるかに機能性が高いことがメリット。
ところが、深刻なデメリットがあります。
それは、肌に残留しやすいということ。

体や手を洗った後、いつまでもぬるぬるした感触が残る場合、これは界面活性剤が残っているのだそうです。
これが、石油系の界面活性剤の特徴です。

合成界面活性剤の中でも機能性がダントツに高いのですが、その反面、肌に残留して肌トラブルの原因になってしまいます。

株式会社アーケアの社長である井上さんは:

機能が多少劣ったとしても、安全性が高い天然界面活性剤や合成界面活性剤を使い、なんとか石油系の界面活性剤は配合しないようにしている

とおっしゃっています。

まとめ

私も、体を洗った後にぬるぬるが残った経験があります。
てっきり、保湿成分かと思っていました~!
いやぁ、知らないということは恐ろしいですね・・・。

スポンサーリンク

第1回:肌の乾燥トラブル(暖房でヒリヒリ痛い、赤み、かゆい)を本気で考える:化粧品メーカーの本音

第2回:基礎化粧品の選び方:人気ブランドやオーガニック化粧品の中身

第3回:大人気の無添加化粧品やオーガニックコスメですが・・・無添加は本当に安全なのか?

第4回:天然原液100%の化粧品は安全で効果がある?その本当の意味とは

第5回:化粧品の防腐剤(パラベン)は危険な成分?パラベンフリーこそ注意が必要

第6回:この記事です

第7回:サンプルやトライアルセットだけもらって終わり?化粧品サンプルのしくみ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る