ミドリムシが放射能やガン細胞を食べて無害化?!ユーグレナのパワー

さまざまな可能性を秘めたユーグレナですが、先日、ふとしたことからまたまた素晴らしい可能性を発見してしまいました。

スポンサーリンク

東京の放放射能は大丈夫なの?

2011年に発生下福島原発事故からもうすぐ5年。
放射能に関する報道はめっきり減りました。

先日、取引先の担当者で日本に住むことになったドイツ人に、「デリケートな話題かもしれないけど・・・。東京って放射能大丈夫なの?」と聞かれました。

「オリンピックが開催されるってことは、大丈夫だっていうデータがあったはずだから、大丈夫だと思うけど」と答えたものの、「今、放射能汚染のレベルってどうなってるんだろう・・・」と思い、調べてみました。

スリーマイル島原発事故

1979年、米国のスリーマイル島の原発で事故が発生しました。

Three_Mile_Island_(color)

事故から7年後の1986年、初めて圧力容器のふたを開け、燃料の取り出し作業が始まりました。
原子力燃料は水の中にあるわけですが、その水に、中が見えないほどびっしりミドリムシが繁殖していたそうです。
人間ならばあっという間に死んでしまうほど強力な放射線量なのに。

ミドリムシの除去で原発での作業は遅れてしまうわけですが、このことによってミドリムシが注目を集めます。

考えてみれば、ミドリムシが登場した5億年前の地球にはオゾン層がなく、電磁波や放射線が降り注いでいたわけですから、ミドリムシにとって原子炉内はなんてことない環境なのかもしれません。

放射能をエサにする微生物

光合成細菌、乳酸菌、酵母などの微生物は、がん細胞や放射線物質をエサにして増殖し、放射線や癌を無害化する、という研究結果も発表されているようです。

ミドリムシが放射線に強い、というだけでなく、放射線やがん細胞を取り込んで無毒化するのであれば、本当に夢のような食品ですよね。

スポンサーリンク

子供にこそユーグレナを

現在、原発事故当時に比べて放射線レベルが下がっているとしても、世界の他の地域に比べれば日本の放射線レベルは高いはずです。
低いわけないですよね・・・。

私はもう50代だから、影響を心配する必要はないのかもしれません。
でも、まだ小さいお子さんや赤ちゃんがいる方は心配ですね、ほんと。

有害な添加物を排除するという意味でも、子供にも是非ユーグレナを!
うちでは、中学生の次男にも飲ませ始めました。
「これなに?」なんて言っていましたが、匂いも味もないので飲んでいます。

子供も、粒がとっても小さいので無理なく飲めると思います。
もちろん、妊娠中や妊活中の方にも!

ミドリムシナチュラルリッチはソフトカプセルなどを使用しておらず、完全無添加だから安心です。

公式サイトはこちらです(
完全無添加のミドリムシサプリ

500円(なんと84%オフ)でお得に試すことができます。

IMG_1535

こちらの記事もどうぞ:
ミドリムシサプリのユーグレナ含有量とコストを比較

株式会社エポラのお客様窓口がすごい!

ミドリムシで花粉症がなおっちゃいました!

ミドリムシのまとめ記事です



最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様の毎日がキラキラ輝きますように!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る