人生ひまつぶし★T子さんと三峯神社:その2

前回のお話からの続きです。

スポンサーリンク

ブログで・・・

当時、T子さんはブログを運営していました。

ある日、ブログを見てみると・・・T子さんが家族で三峯神社に行った、という記事が掲載されていて。

これ、私にとってちょっとビックリだったのです。

三峯神社

もう10年以上前になりますが、とあるチャネラーさんのセッションを受けたときのこと。

当時の私には、「海外移住したい!」という夢がありました(今もこの夢は続行中です)。

このことを伝えると、なんと、「神社に足しげく参拝しないように」と言われたんですね。

「参拝しなさい」じゃなくって、「参拝しないように」です。

理由は、「ご縁が深まると日本から離れにくくなるから」ということでした。
へぇ、そんなことってあるんだ・・・。

 

そのチャネラーさんは、神社と深い関係がある方だそうで(由緒ある神社の血筋だったと記憶)、信憑性あるなぁ・・・・って。

チャネラーさんは、「この神社もだめ、ここもつながっているからだめよ」と、次々と神社の名前を挙げていく。

私はもともとそんなに神社に参拝する方ではないし、神社にも詳しくなかったので、「ふーん」という感じで聞いていました。

そして最後に、「でもね、秩父にある三峯神社だけは行ってもOKです」と言われたんです。

そのときはあまり深く考えず、「秩父は遠いし・・・たぶん行かないだろうな」と思いながら、セッション終了。

 

それから10年以上たちますが、「秩父の三峯神社」という名前はなぜか頭に残っていたんですよね。

ご縁があった

さっそくT子さんにこのことを話すと、とっても驚いていました。

というのは・・・
「私と莉乃さん、実は三峯神社とはご縁が深いんだよ」と。

昔々(つまり前世で)、火の番をしたり、働いていたそうなんです。

いつか行ってみたいなぁ・・・・と思いました。

スポンサーリンク

そして、メッセージ

翌朝起きると、T子さんからメールが来ていました。

送信は明け方。

「このメール、私は書いていないです。久々に自動書記です~。」から始まるメールは、不思議な内容でした。

山の神々は
あなたの霊力と一体化、同化して
共に、この地球
この人類発祥の聖地
ヒノモトツクニの山の神々と協力し
さらなる飛躍を遂げたいと思っています
 
あなたの
 
良く動く
美しい
光の
魂は
永遠

お昼ごと、T子さんから電話があって。

「メール、わけわからなかったでしょ?寝ていたら急に起こされて、緑色の精霊様 がお出ましに。そして、莉乃さんにメッセージしろって」と。

どうやら、寝ているT子さんの目の前に、こんな色の玉が広がって、精霊様がやってきたらしいのです。

T子さん
メッセージの「あなた」って、莉乃さんのことよ

・・・・はい???

・・・・なんですとーっっっ!?

T子さん、病気でしっかり睡眠をとらなければならないのに・・・って申し訳ない気持ちが半分。

そして、なんとも恐れ多いというか、精霊様からメッセージなんて、そんなことあるの???という気持ちが半分でした。

T子さん
強要はしないけど、三峯神社にぜひ行ってみて!

もちろん行きますとも! 行かせていただきます!

三峯神社へGo!

とはいえ、私には仕事があるんですね。

やっぱり「今日の明日」とはいかないんです。

 

1週間くらいしてようやく仕事のめどがつき、「明日行けるかな」と思ってベッドに入りました。

 

翌日の明け方、

シャラララ~ン

と、きれいな鈴の音がして、目が覚めました。

「あ、今日、行けるんだな!」と確信!(← 部屋に鈴なんてないけど、ぜんぜん驚いてない・・・)

 

三峯神社

三峯神社は、西武秩父駅からバスで1時間ほどの山の上にあります。

自宅を中心に半径3kmくらいで生活している私にとって、「ちょっとそこまで」と気軽に行ける場所ではありません。

土日はかなり混雑するようなので、「平日でよかった~」と思いつつ、お弁当を買ったりしてもう遠足気分~。

 

レッドアローにバスに・・・とやっと到着。

雨の後で、しっとり濡れた参道を進んでいると、なぜか涙が・・・。

「あぁ、なんだかなつかしい・・・」という気持ちがこみ上げてきました。

12月の冬晴れ、清々しい日でした。

ご神木

遠く、奥宮を臨むショット。

この写真をT子さんにメールで送信したとき、あることに気付きました。

そういえば朝から、一切メールが来ない!

みなさん、そういうことってありますか?

私はないです。
サプリのお知らせとか、ニュースレターとか、メルマガとか、何かしらメールって来るものですよね。

平日なので、仕事関係のメールもあるはずだし・・・。

 

結局、その日は朝から帰宅するまで、T子さんからの返信メール以外、メールゼロ!

これはとっても不思議でしたよ。

スポンサーリンク

その翌朝

三峯神社では、メールが一切ストップしたという点を除いて、特に不思議なことは起こりませんでした。

その日は、「やっと行けた~!」と、三峯神社に行ったことに満足しながらベッドに入りました。

 

そして、翌朝の早朝。

すやすや寝ていると、いきなり背後で(私は横向きに寝ていた)、

 

パン!パン!パン!

 

とものすごい破裂音が!

これがラップ音というものでしょうか?

もちろん、びっくりして飛び上がりました!

 

「これは神様か、はたまた守護霊様か。
いずれにしても守ってくださるありがたい存在に違いない!」

と思ったのですが、あまりの大音量にさすがに怖くて振り向けず・・・。

「ありがとうございます、ありがたいです。ありがたいのですが、振り向けません~・・・」と思いながら、結局そのままもう一度寝て、朝を迎えました。

スポンサーリンク

T子さんを通していただいたメッセージは、私にとって宝物です。

そして最近、「これは、私だけに宛てたメッセージじゃないぞ~!」という気持ちがしてきました。

ご縁あって、このブログを読んでくださる方へのメッセージでもあると思うのです。

それを伝えたい!という思いもあって、T子さんのエピソードを書いてみました。

 

良く動く美しい光の魂は永遠!
なんだかワクワクしませんか? 一緒にキラキラしましょう~!

T子さんのお話は、まだまだ続きます(もうしばらくお付き合いくださいませっ)

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

ページ上部へ戻る