大人のお化粧、メイクの仕方★決め手はオレンジ下地と紫アイライン

最近、お化粧を惰性でやってる気がして・・・。
古いメイク方法なんじゃないかという気もするし・・・。

雑誌を見ても、いろーんなこと書いてあって、自分に何が合うのかわからないし・・・。

というわけで行ってきました、「自分でできる大人の化粧教室

スポンサーリンク

銀座のダイジェストコースに参加

メイクの基本を2時間で教えてもらうコースです。

参加者は5名、私が一番若かったかも(なんと!)
みなさん、50代後半から70代前半という感じでした。

 

目の前にはお化粧品がずらり。
これを使って実習していきます。

Sayの独自ブランドの化粧品は、オンラインショップでも購入できます。

テキパキとした信頼できそうな先生が登場。

いやはや、「へぇ~」の連続でした。

なぜ老けて見えるのか

日本人は黄色人種なので肌色に黄色が入っています。

年齢とともに赤色がなくなり、黄色が濃くなる(黄ばむ)んですね。

それが、老けや疲れとして現れます。

ちょっと黄ばんだキューピーを想像してみてください・・・そんな感じです。

 

これに、フェイスラインが下がり、まぶたが下がって、鼻の下が伸び・・・となって、ますます老け顔になるそうです・・・いやん。

 

「下がって下がって・・・」なのですが、唯一上がるのが眉

なぜかというと。

何かをよく見ようとするときにまぶたを開きますよね?
若い頃はまぶたがぱっと開くんだけど、年をとるとそれが鈍くなる。
そうすると、無意識に眉を上げることで眼を見開いているんだとか。

結果、眉が上がり、眼と眉の間が間延びします。
これも、老けて見える原因の1つ。

どうすりゃいいの~?

では、どうすればいいのでしょうか・・・・?

雑誌やネットには、ああしろこうしろと、いろんな情報が溢れていますが、私たち大人が目指すべきところはこれ!

これが重要です!
↓ ↓ ↓ ↓

40代以上の大人のメイクに一番必要なのは、ずばり清潔感!

さらに、くすみのないツヤ感を出せばバッチリ!

さらなるコツは、視線を上に持って行く!

 

視線を上に持っていきたいのには、理由があります。

顔の下の方は、たるんでたり、崩れていたりと、「大人の事情」があるわけですよねぇ・・・。

だから、顔の上の方、つまりアイメイクをきちんとやって視線を集めるのです。

講習会の手順

いよいよ実習の始まり~!

スキンケア

まずメイクを落とします。

マッサージクリームを付け、簡単なマッサージを教えてもらいました。

次に、たっぷりの化粧水で整えます。
私、いつもこんなに化粧水は使ってないです。

お化粧前にたっぷり水分補給することで、崩れにくくなるし、ツヤ感が出るそうです。

これで準備OK。

ベースメイク

★下地
一番のポイントは、下地ですね。

大人の黄色みががった肌を健康的に明るくするのは、ずばり「オレンジ」。
自然にワントーン明るくなります。

Sayの下地はオレンジとライム(グリーン)の2色展開。

先生が1人ひとりの肌の色をみていくのですが、私だけライムでした。

理由は、赤味が出やすいから。
これは、何回か言われたことがあるので、納得です。

とても薄ーく延びるので、「これで塗れてるのかなぁ・・・」という感じ。

★ファンデーション


ファンデーションの色も選んでもらいました。

コツは、とにかく 薄く付ける!

厚くするほど粉っぽくなって老ける。
薄くするほどツヤが出る

ここで、下地の威力を実感しました。
なるほど、肌色がキレイに出ます!

★コンシーラー
シミやたるみが気になる部分に。

参加された方の中に、若い頃のスポーツが原因でかなり広範囲にくっきりとしたシミがある方がいらっしゃいました。

コンシーラーも オレンジ です。
すると、ほんとにまったくわからなくなっちゃった!
すごい、オレンジ色のパワー!

★仕上げ
仕上げは、ブリリアントパウダーという、上品なパールのきらめきがあるパウダーです。
ちょっとしたキラキラ感 が素敵。

これ以上キラキラだと、下品になるでしょうから、絶妙な感じです。
これ、気に入りました~。

★チーク
チークもオレンジ系が中心の展開なので、選んでもらいました。
2色使いします。

大人の化粧映えには、チークは重要アイテム
必須ですよ。

スポンサーリンク

★アイライン
アイラインは、なんと 

紫といっても、黒に近いボルドーって感じです。

なぜ紫なのかというと、黄色みがある肌の反対色が紫なので、目元が際立つのだそう。

ぼけた目元をシャープに!

私はアートメイクでアイラインを入れているのですが、ちょっと緑っぽいというか青っぽいというか(刺青みたいなのよね・・・)

上に紫を重ねると、深みが出ます。

これ、とっても気に入りました!

さらに、アイシャドウを。

★マスカラ
私、マスカラ嫌い。
というか、ビューラーが嫌いです。
だって、まつげが抜けるでしょ???

Sayでは、ビューラーは使用せず、マスカラベースとマスカラのみ
根元をブラシで押さえ、ゆっくり上げます。

 

久しぶりのマスカラ!
案外、ビューラーなしでも上がるもんですね~!

★眉毛
悪目立ちしないオリーブという色。

ペンシルは細めで堅く、書きやすいです。
しかも、馴染む。

アーチ状の長い眉は老け顔の原因です。
若く健康的に見せるには、め、短め、ストレートに。

細いアーチ状にすると、目と眉の間が間延びして、老け顔になってしまいますよ!

★口紅
紅筆で きっちり書くと老け顔の原因になるそうです。

リップクリームのように、そのまま塗ります(なんと!)
曖昧な感じにする方が若く健康的に見えます。

 

完成してみて

私の感想は、ずばり、「あ、いつもと違う~!」

一番の決め手は下地かなぁ。
肌の色が均一になったことで、ツヤ感が出ました。

それから、やっぱりアイメイク。

他の参加者のみなさんも目がはっきりメヂカラがアップしたことで、艶っぽくなったというか、「全然違いますね!」という仕上がりになっていました。

スポンサーリンク

Say:自分でできる大人の化粧教室

銀座は、歌舞伎座の近くです。

先生が複数いらっしゃるので、わからない点はどんどん聞けるし、非常にアットホームな雰囲気。

ダイジェストコースは3000円です。

他に、こんなコースもあります。

  • 基本コース(6時間、10800円)
  • 眉集中(5000円)
  • つけまつげコース(5000円)
  • 大人のパーソナルメイクコース(10800円)

ダイジェストコースは、銀座の他に、仙台、千葉、柏、吉祥寺、横浜、藤沢、大阪で開催されています。

ダイジェストコース(銀座と各地)、基本コース(銀座のみ)に半額で参加できる優待券をいただいたので、興味のある方はご連絡ください。
2017年12月31日まで有効です。

また、銀座教室ですが、基礎化粧品のセットをお安く購入できる特典があります。

個人的には、下地、仕上げのパウダー、オリーブのアイブロー、紫のアイライナー、がお勧めです。

セットで購入しちゃいました。
化粧水やマッサージクリームも購入したけど、他でも代用できるかな・・・という感じです。

 

なんだか気に入ってしまい、後日「大人のパーソナルメイクコース」にも参加しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る