ミドリムシで若返りホルモン「アディポネクチン」を増やす:究極のアンチエイジング

健康に関心が高くていつも綺麗にしている友人と年末に食事しました。
そこで聞いたのが「アディポネクチン」。
なにそれ?
ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

アディポネクチンの作用

1996年に大阪大学医学部で発見された物質で、新聞やTV番組など各種メディアで取り上げられたみたいです。
そして、「世界の医学界の希望の光」として話題になっているそうです。
その理由は、アディポネクチンの優れた効果。
特に注目すべきは、血管の修復、糖尿病の改善、糖質の改善です。

体の中で血液中を流れて全身をパトロールし、血管の傷ついているところを見つけるとささっと入り込んで修復します。

medicalcare_060726_03(Photo:セカンドステージ)

そして、糖質の代謝を促進し、インスリンの働きを助けます。

以上の効果により、メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、さらには癌の予防と改善に効果があると言われています。
癌の「予防」はよくあるけど、「改善」ってすごいですよね。

どこで生成される?

アディポネクチンは、「内蔵脂肪の細胞」で生成されます。
ただし、「じゃあ太ってる方がいいのね、うふふ」とはなりません。

太っていると脂肪細胞の周囲を走る血管が圧迫されて酸欠状態になるため、アディポネクチンの分泌が弱くなるんだそうです。

a966145d(Photo:ためしてガッテン)

 

体内のアディポネクチンを測定すると、長寿で健康な人は数値が高いそうです。
また、ヒアルロン酸の分泌を促進する効果もあります。

いわば、「若返りホルモン」なのですね。

スポンサーリンク

男女差がある

アディポネクチンの量は病院で測定することが可能です(検査料金は3000~5000円だそうです)。
平均値は、男性が8.3μg/mlで女性が12.5µg/ml。
すごい、2倍近いですね!女性の平均寿命が長いのも納得です。

女性の間でも差があります。
100歳以上の女性と普通の20代女性を比較すると、100歳以上の女性の数値は若い人の約2倍だとか!
アディポネクチンの量は健康に直結してるんですね。

そして、男性はおへその周囲が85cm、女性は90cmを超える場合、アディポネクチンが低下している可能性があるとのこと。
要注意です。

減る要因

肥満は大きな要因の1つですが、喫煙大気汚染も現象の要因なんだそうです。
もうほんと、喫煙はいいことありません。

2-図1
(Photo:愛知食域コホート)

サプリを調べてみると

アディポネクチンは体内の脂肪細胞から分泌されるので、食品からは摂取できません。
でも、増やす食品はあるようです。
大豆はその1つだそうです。
すごいですね、大豆!女性の味方です。

アディポネクチン増加のための専用サプリもありました。
あったけど・・・・高い!なんと1カ月3万6000円也。
これはちょっと手が出ません。

ユーグレナで増やそう!

アディポネクチンを増やす効果はミドリムシでも判明しています。
1gを継続して摂取した場合の数値です。

 

thumbnail2

私は「ミドリムシナチュラルリッチ」を飲んでいますが、1日10粒で600mg摂ることができます。

ユーグレナは、糖尿病の方やどうしても禁煙できない方にもお勧めですね。
なんだかもう万能ですね、ミドリムシ!

500円(なんと84%オフ!)でお試しできる公式サイトはこちらです(

完全無添加のミドリムシサプリ

こちらの記事もどうぞ:
どのくらいの期間飲めば効果が出るのでしょうか?

ナチュラルリッチを販売するエポラ社について

まとめ記事はこちらです:




最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆様の毎日がキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る