大豆イソフラボン★更年期症状を楽にして動脈硬化も防ぐし乳がんも予防する!エクオール

大豆イソフラボンの効果は広く知られていますよね。

イソフラボンは腸内でエクオールという物質に変わります。

エクオールは、「スーパー・イソフラボン」と呼ばれるほど、素晴らしい物質なのですが、日本人の半分は腸内で生成できません

エクオールの効果

エクオールには、次のような効果があるとされています。

  • 更年期症状を楽にする
  • 骨量が減少するのを抑える
  • 内臓脂肪を減らす
  • 動脈硬化リスクを低下させる




 

日本女性医学学会の発表

2016年の学会で、エクオールの効果が発表されています。
発表をしたのは、エクオール+ラクトビオン酸 の開発に関わった更年期治療専門医師。

40~74歳の女性を対象に、エクオールのサプリとプラセボを摂取してもらった結果、次のような効果が報告されています。

更年期症状を軽減

20170111_add_02
1ヵ月で50%が実感、1年で83%が実感しています。
 

動脈硬化

調査では、血圧、動脈硬化、コレステロール、中性脂肪、血糖などが調査されています。

特に効果あり!とされたのは動脈硬化!

サプリ開始から3ヵ月で血管がしなやかになったそうです。

乳がんの予防にも!

今回の学会では乳がんについてのデータはありませんでしたが、乳がん予防に大豆イソフラボンが非常に効果的であるというきちんとしたデータがあるんです。


 

まとめ

更年期症状を軽減できて、動脈硬化も予防でき、乳がんリスクも低減できるなんて、大豆って素晴らしい!

ただ、スーパーイソフラボンであるエクオールを作れる日本人は半分しかいません。

作れているかどうかは、ソイチェックでわかります。

私もやってみましたよ~


 
 

エクオールを確実に摂取するには

サプリで摂取できます。
エクオールは体内にとどまらないので、毎日摂る必要があります

小林製薬のエクオール

命の母で有名な製薬メーカーが出しているので、とりあえずは安心です。
1日1粒。
1ヵ月で2700円(初回は1350円)。
1日あたりのエクオール量は2.0mgです。

お客様相談室に問い合わせてみたのですが。

サプリの表記には、「発酵大豆イソフラボン(エクオール含有)28.0mg」となっていますが、エクオールは2mgだけ、それ以外は大豆由来のイソフラボン、とのことでした。

こちらは、とりあえず少しでもエクオールを確実にとりたい方におすすめです。

【小林製薬】エクオール

 
 

エクオール+ラクトビオン酸

dsc_0042
こちらも医師の監修のもと、作られたサプリです。

1日3カプセル。1ヵ月で5832円
1日あたりのエクオール量は 10mg です!

こちらは、エクオールを確実に摂りたい方におすすめです~!
私も飲んでま~す。

専門ドクターと共同開発【エクオール+ラクトビオン酸】

 

サプリで摂取する場合の上限

食品安全委員会の発表では、このようになっています。

大豆イソフラボンの安全な1日の摂取目安量の上限値は、70~75mg(サプリメントや特定保険食品の場合は1日30mg)が望ましい。



大豆は、醤油や味噌からも摂れますが、40代以上の私たちは意識的に摂る必要があります。

「大豆は結構食べているのだけど、効果ないなぁ・・・」という方にはサプリをお勧めします。

エクオールのまとめ

エクオールで更年期を元気に乗り切り、骨粗鬆症も回避して、血管をしなやかに、ついでに内臓脂肪を減らして、おまけに乳がんにもならない身体作りを!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る