海外のスーパーフードは効果なし★日本人の体質(遺伝子)には合いません

海外からやってきたスーパーフードが話題ですね!

最初は「へぇ~~そうなんだ!」と思って食べたりしていましたが、そんなに効果を感じることもないし、続けるにはなにしろお高いのですっ!

しかも、スーパーフードって次々に登場しますよね?

情報の海におぼれそうになりながら、「本当によいモノっていったい何だろう???」という思いがふつふつと。

一度基本にかえってみよう、と思い、調べてみました。

この本を参考にしました。

欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防 (ブルーバックス)

新品価格
¥972から
(2016/12/28 15:54時点)

スポンサーリンク

病気にもお国柄がある

日本人には、日本人特有の「体質」があります。

体質には、遺伝的な要因と環境的な要因があります。

遺伝子は親から受け継ぐわけですが、遺伝子にキズがあることがあります。
これを「遺伝子変異」と呼びます。

遺伝子変異が何らかの環境的要因でオンになると、病気となってあらわれます。

でも、環境が変わると、病気が治ったりもするんです。

たとえば、ぜんそくの人が空気のきれいな場所に引っ越して症状が治まるケースや、ストレスに弱い人が転職して元気になるケースというのは環境の変化ですね。

ここで言う環境とは場所や職場だけでなく、食べ物も含まれます。

やっぱり食べ物って大事なんですね。

「じゃあやっぱりスーパーフード!」となりそうですが、そうではないんです。
 

遺伝子は変えられません

日本人には、かかりやすい病気とかかりにくい病気があります。

つまり、日本人特有の「遺伝子変異」があるのです。

たとえば、日本は皮膚ガンの発症率が世界で最も少ない国の1つです。
皮膚ガンの多いオーストラリアと比べると、発症率はなんと100分の1です。

逆に、胃がん、肺がん、肝臓がんになる人が多いんですね。
胃がんの発症率は、北米のなんと7倍です。

日本人も個々にみればいろいろですが、「日本人」というくくりで考えると遺伝子に特徴があるんですね。
 

アメリカでは人種ごとに薬や治療方法が違う

dna-1811955_640

アメリカにはいろんな人種がいます。

人種が違えば遺伝子も違うので、当然のことながら、かかりやすい病気が違うわけです。

アメリカでは、人種によって使う薬や治療法が違います。

たとえば、お医者さんに行くと、人種によって問診の内容が違ったりします。
また、アフリカ系アメリカ人だけに承認されている心不全治療薬、などがあるんです。

スポンサーリンク

「みんな同じ」と思っていませんか?

このようなアメリカの「人種差医療」は、決して人種差別ではありません。

ベストの医療を提供する方法なのです。

でも実はこれ、結構最近の話なのですね。
その背景にあるのが、ゲノム解析の進歩です。

2003年に人間の全遺伝子が解読されてから、アメリカではさまざまな人種の遺伝子情報が収集され、病気と遺伝子の関係が明らかになってきました。

この情報は、すべてデータベース化されています。
 

日本は、というと・・・

日本人の標準的な遺伝子配列が明らかになったのは、2016年です!

1000人あまりの遺伝子を解析したところ、21000万箇所に遺伝子変異がみつかりました。
白人の解析で見つかったのは、わずか 1100万箇所。

ということは、日本人特有の変異が 1000万箇所もあるってことですね!
 

日本人に合った環境を賢く選ぼう!

病気にならないようにするには、遺伝子変異がオンにならない環境(衣食住)を賢く選ぶ必要があります。

『玄米のエビデンス』という書籍に登場する王瑞雲先生は、台湾人の医師ですが、日本で診察をしています。

最初は漢方や薬膳を使ってみたそうですが、「中国人には効果がでても日本人には効果が出なかった」として、日本の伝統食を治療に採り入れています。

医師たちが認めた 玄米のエビデンス (veggy Books)

新品価格
¥1,404から
(2016/12/28 15:53時点)


伝統食とは:

  • 地産地消、旬のもの
  • 生物学的に遠いもの(人間はほ乳類なので、牛や豚などは近く、鶏、魚、植物は遠い)
  • 丸ごとたべる(白米より玄米)
  • 薬品を使わない

こう考えると、海外のスーパーフードってどうなんでしょうね・・・?

日本では栽培されていない、聞いたこともないようなスーパーフードって、やっぱり日本人には合わないような気がします。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る