筋肉の「若返りホルモン」を出す食事とサプリ☆たけしの家庭の医学から

たけしの健康エンターテイメント「みんなの家庭の医学」から。

筋肉を若返らせるホルモンを活性化させ、筋肉量を増やす方法が紹介されました。

スポンサーリンク

その運動、無駄になっていませんか?

運動すると筋肉量は増えますね。

でも、筋肉若返りホルモンと呼ばれる「IGF-1」という物質がでない状態で運動しても、筋肉はうまくつかないのです。

普段から健康を意識し、運動を欠かさない人でも、食生活のちょっとした違いで筋肉年齢が大幅に違ってしまいます。

番組では、同じような食生活/運動量の60代女性5人を調査。
太ももの筋肉量を調べたところ、30代から80代と大きな差が出たのでした!

IGF-1を活性化するには?

その違いは、食事の方法にありました。

ゆっくり食べましょう!

chopsticks-932834_640

筋肉量が80代の人の特徴は、ずばり早食い。

食事にかける時間はわずか10分未満です。
1人だと、つい早くなってしまうので、わかります・・・。

早食いだと、血糖値が急激に上がります
その結果、IGF-1の分泌が邪魔されてしまうんですね。

 

これに対して、筋肉量30代の方は、少しずつ口に入れてゆっくり食べるタイプ。
30分から1時間ほどかけていました。

アルギニンを摂取しよう!

アルギニンは、アミノ酸の一種です。
これが腸で吸収されると、IGF-1が分泌されるんです。

アルギニンは1日5グラム摂取する必要があります。

筋肉量が80代の方はわずか3グラムでした。

これに対して、30代だった方はなんと9グラム!
素晴らしいです。

日本人は、平均で3グラムほどしかとれていないのだそうです。

スポンサーリンク

アルギニンを摂取するには

食事に1品プラス

アルギニンは、肉や大豆製品に多く含まれています。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%8b%e3%83%b3

どれも身近な食材ですよね。

いつもの食事に1品プラスします。
少しずつ貯金する感じですね。

この「1品プラス作戦」と「ゆっくり食べる」方法で、筋肉量80代の方は、1週間で70代にまで回復。

筋肉量としては、なんと100グラム増量に成功したのです~。

大豆なら、発芽大豆がおすすめ!

豆腐や大豆をそのまま食べるより、栄養価がぐんとアップしている発芽大豆がおすすめです。

 

サプリで補う

アルギニンのサプリといえば、男性向けの強壮剤というイメージが強いですねー。
または、成長期の子供をサポートするサプリとか。

でも、アルギニンにはこんな効果があるんですよ。

  • 疲労回復
  • アンチエイジング
  • 成長ホルモンの分泌を促進
  • 筋力アップ

朝、身体がだるい、気力がわかない、がんばりがきかない、という方は、アルギニン不足かもしれません。

このサプリは、男性の強壮剤や成長期の子供ではなく、体力や気力などパワー不足の大人をサポートします。

男性だけでなく、もちろん女性も。

アルギニンの他に、必須アミノ酸8種類、ミネラル9種類を配合しています。

公式サイト(↓)


筋肉アップだけでなくやる気も出して、若々しい毎日をサポートするサプリです。

「朝すっきり起きられてやる気が出る!」といえば、しじみのパワーでおなじみのオルニチンです。
CMでもよく見ますよね?
でもオルニチンが効くのは、体内でアルギニンに変わるからなんですね。

それならば、アルギニンを直接取得した方が効率的なのです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る