女性の閉経年齢がわかる計算式★個人差あるけどピルや妊娠回数は関係ないみたい

更年期症状は閉経まで

信頼できる婦人科のお医者さんがいると安心ですよね。

婦人科の先生
閉経過ぎて新たな症状が出ることはありません。
大変なのは閉経まで。

といわれたのだけど、これは本当でした!

かなりひどいホットフラッシュに悩まされましたが、最近はまったく発生していません。楽です~・・・。

婦人科で、念のためのお守りとしてもらってきたツムラ25桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)も手つかず。

どうやら閉経した模様です。

「個人差がある」にはうんざりですぅ

更年期症状については、インターネットはもちろん雑誌などでもいろいろ情報提供されていますよね。

でも、「個人差があります、十人十色です、など、結局のところは「わかりません」という感じで、うんざりではないですか?

スポンサーリンク

 

症状は予測できない?

経験上、こういう法則もあるような感じがします。
 

出産直後の変化

ホルモンの急激な変化といえば、出産でしょう。

私は出産後、朝寝起きのとき指がこわばって開かなくなりました。
リウマチを疑って検査したけど異常なし。

ずいぶん後になって、ホルモンの急激な変化によるものだと判明しました。
そのとき、「更年期に同じような症状が出るかもしれないよ」と言われました。

実際には、指が開かなくなることはありませんでしたが、膝と手首にちょっとした不調が出ました。

出産経験のある方は、思い出してみるとよいかもしれませんよ。
 

環境

子供の悩み(受験など)や親の悩み(介護など)も影響します。

私の場合、症状が一番ひどかったのは子供の高校受験のときでした。
やっぱりメンタルきますよね・・・。
 

性格

周囲を見回すと、きまじめな人、なんでもきちんと、ちゃんとしていたい人はメンタルにくる感じがします。
体調ではなく、最初にメンタルに来ると、更年期の症状だと気づくのが遅れるパターンも。

ひとこと言いたくなってイライラする、その不調に対してさらにイライラする、など。

ネットや雑誌には、「気楽に、リラックスしましょう」と気楽に書いてありますが、「性格を簡単に変えることができるのならば苦労ないわっ」と思ったりする・・・。

 

期限を切って欲しいわっ!

pagan-1467864_640

「更年期が楽しくって~」という人はまずいないですよね。

嫌なことは、「あと○ヶ月」というようにゴールが見えていれば、我慢もできるってもんです。

閉経の年齢がわかれば、ちょっとは気が休まりますよね。

閉経の計算式、というのがあります。

 

500 ÷(365 ÷ 自分の生理周期)+ 初潮年齢

生理周期と初潮年齢をベースに計算するので、生理周期が安定しているほど精度が高まりますね。

卵子は、生まれたとき既にあって、そこから増えることはありません。

卵巣から排出できる卵子の数は500個くらいといわれています。

 

「500個が順番に出てくるんだったら、ピルを飲んでる場合や妊娠回数が多い人は閉経が遅いはず」となりますよね?

でも実際は、年齢と共に老化した卵子は排卵されず吸収されちゃうのだそうです。
だから、あまり関係ないんですね。

それよりも、閉経を早めるのは、喫煙や無理なダイエットによる栄養不良です。

特に、喫煙者は活性酸素の影響で、閉経が早くなるそうですよ。

実際に計算してみたら・・・

私の場合:

500÷(365÷29)+12=51.726

52歳になる直前から生理がないので・・・・と考えると、なんと、どんぴしゃではないかっ!!!

1つの参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

閉経を迎えたら

ほっとしたのもつかの間。

将来に備えて、重要なポイントがあります。
 

太りやすくなる

生理がないと基礎代謝が減ります。
食生活や運動を見直しましょう。

ウォーキングにはコツがあるんですよ。

私は運動大嫌いです。
運動が嫌いな方ならわかっていただけると思うのですが、どうせ歩くなら1歩たりとも無駄にしたくないのです。


 
やはり、食が基盤ですね。

 

骨盤底筋が弱る

子宮脱や尿漏れが増えます。

筋肉を鍛えましょう。
とはいっても、腹筋はだめですよ~


 

骨粗鬆症リスクが高まる

骨密度が減ってからでは遅すぎます。
適度な運動と栄養補給を。

イソフラボンが効果的であり、医学的にも実証されています。

「やっぱり食品から摂りたいわ」という方はこちら:


 
「サプリで確実に」の方はこちら:
エクオールは更年期向けサプリですが、骨粗鬆症への効果が実証されています。

更年期症状が収まるまでの一時的なサプリとして飲むのもよいし、その後も骨粗鬆症やシワ改善のために飲むのもよいですね。


 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る