更年期の視点:閉経はビッグチャンス!脳は56歳に開花する!

更年期や閉経ってネガティブなイメージがありますが、脳科学で考えるとちょっと違うのです。

脳は56歳で開花します!
さらに大きな花を咲かせるために、準備しましょう。

スポンサーリンク

「更年期って大変よ」というおせっかいなひとたち

「更年期って大変よ」、「50代で老いを感じたわ」などなど、いろいろ言ってくるひとたち、いますよね?

もちろん、心からのアドバイスもあるでしょう。

でも、こういうことを言う人たちには、潜在的に「私が大変だったんだから、私が老いを感じたんだから、あなたも同じ経験をするべきよ!」という気持ちがあるんじゃないかな、と思うのです・・・。

こういう言葉に振り回されると、ネガティブになっちゃいますよね。

すると、カクテルパーティ効果(たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができる)じゃないけど、「更年期って大変だわ・・・」という情報ばかりが入ってきます。

でも実は、更年期って人それぞれなのです。

もしかしたら楽ちんかもしれないですよね?!
万が一大変だったら、いろんな対処法から自分に合うものを選べばよいのです。

閉経のメリット

dsc_0231
閉経は、身体と脳の両方に影響します。

デメリットばかり強調されますが、メリットもあるんですよ。
 

血液を捨てないですむ!

月経がなくなると、大事な血液を捨てずにすみます。
これによって、疲れにくくなるんですね。
 

女性ホルモンの原料が余っちゃう!

女性ホルモンの原料はコレステロールです。

コレステロールは悪者だと思われがちですが、脳の信号伝達で重要な役割を果たしています。

直感が冴えちゃったりするわけですよ~
 

男性ホルモンの効果も!

女性ホルモンの減少で、これまで陰になっていた男性ホルモンの効果が出てくる人もいます。

たとえば、社交的になっていろんなところに出かけて行って友だちが増えたり、物事に対する意欲が出てきて新しいことを始めたり。

スポンサーリンク

 

脳は112歳まで進化する

人の脳は28年毎に周期が起こるのだそうです。

28歳、56歳、84歳、112歳ですね。

脳科学では、112歳まで進化することがわかっています。

50代の脳は、物事の本質や人の資質を見抜く洞察力がピークになります。

さらに60代になると、直感で本質を見抜けるようになります。

その結果、若い人の何倍も感性の情報を拾うことができるんですね。
 

脳を開花させるために

dsc_0019
閉経というビッグチャンスをうまく利用して脳を開花させましょう!
それには、48~56歳に心と体を準備しておく必要があります。

1)睡眠

深夜12時前には必ずベッドに入りましょう。

2)運動する

なぜ運動がよいかというと、小脳と小腸の連携に秘密があります。
運動を司る小脳が活性化すると、連動して小腸も活性化します。

これによって、免疫力がアップするんですね!

ウォーキングならすぐに始められますよ!


 

3)無理にポジティブにならない

「ネガティブな言葉を口にしたらだめ」というのをよく聞きますが、ムリがあると逆効果です。

私は、ストレスに立ち向かわず、回避するようにしています。
ストレスを感じたら、そこから物理的に立ち去るのも1つの方法だと思います。
私の場合、次男とケンカになったら、犬の散歩に出ます。
脳への情報の80%は眼から入ってくるので、景色が変わると意外に気分転換になるんですね。

人から何かネガティブなことを言われたら、「あなたはそうかも。でも私は違うわ~」に限ります!
お試しください。
 

4)趣味を準備しておく

気分転換、ワクワク感、という意味でも趣味は大切です。
でも、それなりに準備も必要ですね。

直感が冴えて感性的な情報を拾うのが得意になるので、自己表現できるものがいいかも♪ ♪ ♪

  • ダンス
  • アート(絵画、手芸など)
  • 言語(外国語、俳句など)
  • 楽器

私は、何か楽器を始めてみようかなぁ~と思っています!

スポンサーリンク

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
皆さまの毎日がキラキラ輝きますように!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る