腸にいるいろんな種類の乳酸菌の数を増やす効果★オリゴ糖よりすごいミドリムシ

ミドリムシの効果としては、59種類の栄養素が有名ですよね?
実際、栄養補給のためにミドリムシを始める方も多いそうです。

でも私の経験からは、ミドリムシ最大の特徴は、パラミロンと腸内環境効果だと思っています。

この記事は、次のような方に役立つ内容です。

・腸内フローラを育てたいけどヨーグルトが嫌いな方
・乳製品ではなく植物性の乳酸菌を増やしたい方
・ミドリムシを飲むとお通じがよくなる理由を知りたい方

スポンサーリンク

ミドリムシと入れると・・・ヨーグルトになる!?

乳酸菌と相性がよいとされるものに、オリゴ糖があります。

乳酸菌は腸内でオリゴ糖を食べて増えるからですね~。

ところが、ミドリムシにも乳酸菌を活性化する効果があります。
しかも、オリゴ糖よりも強力に働くんですよ。

 

ユーグレナの実験

まず、牛乳に乳酸菌を投入。

さらに、オリゴ糖ではなくミドリムシを入れます。

すると、18時間で完全にヨーグルト化するそうです。
入れない場合には、ほぼ牛乳のままです。
%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%8a

出典:株式会社ユーグレナ

ミドリムシには、オリゴ糖のように乳酸菌を活性化する作用があり、しかもオリゴ糖よりもパワフルなんですね。

ヨーグルト嫌いにもミドリムシ

dsc_0342

乳酸菌といえばヨーグルトですが、私、ヨーグルト嫌いなのです・・・。
特に、カスピ海ヨーグルトは気持ち悪くてムリです~。

ここのところ、乳製品の害について報道されていますよね。
特に、女性特有のガンのリスクが高まるとか。

ヨーグルトも乳製品、動物性です。

植物性の乳酸菌もあるので、積極的にとりたいですよね。
このような食品に含まれています。

  • 味噌
  • 漬け物(キムチ、すぐき、しば漬け、ぬか漬け)

ちなみに、ラブレ菌すぐきの乳酸菌です。
また、キムチにはヨーグルト並の乳酸菌が入っています。

ぜひ植物性の乳酸菌を!

そして、せっかく摂取した乳酸菌はミドリムシで活性化しましょう。

有胞子性乳酸菌をプラス

「乳酸菌は胃酸で死んでしまうけど、死骸は腸内の善玉菌のエサになる」ということは有名です。
でも、どうせなら乳酸菌に腸まで届いてほしいですよねぇ・・・。

CMなどで「腸まで届く乳酸菌」と言われるのが、有胞子性乳酸菌です。
この乳酸菌は堅い殻で守られているので、熱や乾燥に強いんです。

しかも、粉末にしても効果が変わらないという特長があるんですね!

粉末状にした乳酸菌はお菓子にも入っていますよ。

代表的なのはビスコ
5枚あたり1億個も入ってるんです~!

まとめ

dsc_0337

私は、ミドリムシナチュラルリッチを愛用しています。

このサプリには、有胞子性乳酸菌オリゴ糖が添加されています。
乳酸菌が生きて腸まで届くと、ミドリムシが活性化し、腸内環境を整え、腸内フローラを育てます。

ミドリムシにはアレルギー解消、美肌、ダイエット効果があり、私も実感しています ♪ ♪ ♪
その秘密が、乳酸菌活性化効果とパラミロンなのでした!

パラミロンについてはこちらをどうぞ:

 

ミドリムシなんて効果ないんじゃないの?という方はこちら:

 

花粉症をなんとかしたい方はこちら:

 

比較はこちら:

 

エポラ社の評判を知りたいかたはこちら:

 

ミドリムシについてのまとめです(体験談いっぱいあります):

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日が健康でキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る