酵素で断食、ダイエットサプリ、サラダは効果なし?痩せない理由はこれ!

サプリを飲んでいるのに、酵素を飲んでいるのに、サラダを食べているのに「痩せない!」のには、きちんとした理由があります。

私はどちらかといえば小食、なのに痩せてない

それどころか、下半身がどんどん太っていくのです・・・。
酵素ドリンクも飲んだけど効果なし・・・。

摂取カロリーが低いにも関わらず痩せないのはなぜでしょうか。

こちらの書籍を読んだところ、ひじょーに納得してしまったので、まとめたいと思います。
せっかくのサプリを無駄にしないためには、6:3:1の黄金比が必要なのです!

img_2099

好きなものを食っても呑んでも一生太らず健康でいられる寝かせ玄米生活

新品価格
¥1,728から
(2016/10/16 12:25時点)

スポンサーリンク

食生活にメリハリがなくなった

昔の日本人の食事には、「ハレ」と「ケ」というバランスがありました。

「ハレ」とは「晴れ」です。
冠婚葬祭やお祭りなど、いわゆるごちそうですね。

celebration-315079_640

 

これに対して「ケ」とは、玄米を中心とした日常的な食事です。
漢字で書くと、「褻」です。

これ(↓)、最近、玄米食を始めた私のごはんです~

dsc_0316

昔の日本人は、普段は「ケ」の基本食で、たまに「ハレ」のごちそうを食べる、というライフスタイルで、心と体のバランスを取っていたのです。

現代人は毎日が「ハレ」

現代人は毎日ごちそうを食べています。

これが肥満や病気の原因になることが指摘され、「カロリーの過剰摂取はだめ!」「カロリー制限しよう!」と言われてきました。

皆さまの中にも、食品のパッケージの裏側を見てカロリーを確認する方がいらっしゃいませんか?

私は確認していましたし、「どうせならカロリーの低いものを」と選んでいました。

カロリーは無意味です!

戦後、日本人のカロリー摂取はどんどん増えていきました。
一方で肥満の問題が指摘され、カロリー制限がトレンドになりました。

その結果、なんと現在は、戦後間もない頃とほとんど同じなのです!

これにはびっくり~。
graph0

出典:2012年「国民健康・栄養調査」

 

ところが、肥満はというと、依然として増えているのですね。

なぜでしょうか????

graff
出典:2007年『国民健康・栄養調査』

 

スポンサーリンク

 

重要なのは「代謝できるかどうか」

まず、太るということは、「代謝されず余ったものが身体に蓄積される」ということです。

ならば、余らず代謝しちゃえばよいのですよね?
貯金せず、ぜんぶ使っちゃえばいいのです。

人間には、次のような黄金比があります。
このバランスで食べるとキレイに代謝され、太りません。

  • 米:6
  • 野菜:3
  • 肉(魚、卵):1

黄金比6:3:1には根拠がある

この黄金比には、きちんとした根拠があります。

歯の数

人間の歯の数を考えると、犬歯(肉用)、門歯(野菜用)、臼歯(穀物用)が12.5%、25%、62.5%。

うまいことなってますよね?

つまり、人間にとって最適な6:3:1の割合は、長い人間の歴史で出来上がった自然のルールなのです。

消化酵素の種類

人間は雑食なので、さまざま種類の消化酵素がでます。
特にお米中心のアジア人は、穀物や植物をよく消化できる「アミラーゼ」をたくさん出すことができます。

その比率も、6:3:1に近いのだとか。

このように、6:3:1という黄金比は一番自然で無理がない食べ方なのです~。

マッチ棒に例えると

img_2096

食事の内容をマッチ棒にたとえてみましょう。

ぜんぶ燃えちゃえば、太らずOK、ということになります。

上記の図のようなバランスで混合すると、とっても燃えやすい木になります。
ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素が、マッチ棒の着火剤になります。

このマッチ棒が燃えると完全燃焼となり、キレイな炭と灰が残ります。

代謝不良の2つのタイプ

男性に多いパターンとダイエット中の女性に多いパターンを説明します。

男性に多いパターン:米4:野菜2:肉4

img_2098

野菜が足りないので着火剤が不足します。
脂ぎっているので材料の混合も悪く、木の質が落ちますね。

したがって、不完全燃焼が起こります。
おまけに、材料が燃え残ります。

結果:脂肪の蓄積、老廃物の蓄積

ダイエット中の女性に多いパターン:米3:野菜6:肉1

img_2097

ビタミンやミネラルは豊富なので着火剤は十分にあるものの、木が足りません
材料がスカスカで、しかも足りないので、火力不足になります。

したがってやはり不完全燃焼となり、質の悪い灰が残ります。

結果:冷え、内臓脂肪の蓄積、便秘、免疫力ダウン

この状態でサプリを追加しても無意味です!

美容を気にしてダイエットする方は、このパターンが多くなりがちです。
私もそうでした・・・。

でもこの食事バランスで、たとえばサプリや酵素などを追加しても、着火剤を追加するだけになるのでまったく意味がありません

酵素やビタミン系のサプリを飲んでもダイエットにまったく効果がないのは、このような理由があったのです。

健康的にダイエットして美しくなるには、野菜の量を減らしてお米(玄米)の量を増やす必要があるんですね!

お米6というのは、お茶碗大盛り1杯になります(結構おおいですよ)。

でもめんどくさい!

「ほ~、なるほどね。でもいちいち比率を考えるなんて面倒くさ~!ムリ~!」という声が聞こえてきます・・・。

私もそう思いましたから ☆☆☆

でも、玄米を使えば簡単なのです~。

お米にもいろいろある

お米には、白米、玄米、雑穀米などいろいろあります。

以下は、白米と玄米の比較です。

img_2085

このように、玄米を食べれば、白米と野菜を一緒に食べているようなものなのですね。

したがって、お米6:野菜3:肉1の黄金比のうちの「お米6」を「玄米6」にすれば、あとは比較的何を食べてもOK、ということになるんです。

そして、「カロリーで考えるのは間違え」と言っていながらなんですが、玄米は白米よりも低カロリーなんですよ。

玄米なら簡単

食の危険が指摘されている今、気にしすぎるのもどうかとは思うけど、やはり安全なものを口にしたいものです。

お米6:野菜3の部分について考えると・・・。
白米を食べる場合、無農薬のお米を手に入れて、無農薬で旬の野菜を手に入れる必要があります。
これって大変だし、手間もコストもかかりますよねぇ。

でも玄米ならば、無農薬の玄米を手に入れればよいわけです!

無農薬の玄米を選べば、無農薬の野菜も一緒に食べていることになりますからね~

でも玄米って・・・

玄米を敬遠する方は、だいたいこのような理由からではないでしょうか。

  • 面倒くさい
  • まずい、ぱさぱさする、独特の臭さがある
  • 家族が嫌がる

これをすべて解決するのが、寝かせ玄米(酵素玄米)です!

文字通り、玄米を炊飯し、炊飯器の中で保温して「寝かせた」ものです。
寝かせ玄米や酵素玄米と呼ばれます。

 

1)面倒くさい

玄米を発芽→炊飯→保温、という一連の作業が必要です。

ヨーグルティアで発芽させ、圧力鍋で炊飯し、炊飯ジャーに移す、となったら、私も「ムリ~」となったでしょう。

ところが、すべてを全自動でやってくれるなでしこ健康生活の炊飯器があれば大丈夫です!

私は小さい頃から「めんどくさい」が口癖で、母に「よく生きてるのがめんどくさくならないわね」と怒られたものですが、そんな私でも寝かせ玄米生活しております。

一度に4合たいて少しずつ食べるので、毎日お米を炊いている方にとってはその分家事が楽ちんになりますよ。

高額な美顔器よりも、炊飯器を~!

料理が苦手の私にも簡単に作れますしね。

2)まずい、ぱさぱさする、独特の臭さがある

玄米を寝かせることによって、もっちり熟成されておいしくなります。

3)家族が嫌がる

これはずばり、「白いご飯の方がおいしいから」という理由ではないでしょうか。

うちの次男は、食べ物についてはとってもうるさいので面倒なのですが、寝かせ玄米を出したところ、「柔らかいお赤飯」だと思って食べています。

色彩的に真っ白ではないのでそこは仕方ありませんが、雑穀米が問題ないおうちならば、まず大丈夫だと思います。

まとめ

黄金比(お米6:野菜3:肉1)を簡単に満たせるのが玄米です。

「玄米を使った一汁一菜にお漬け物」は、日本人が何百年もかけて培ってきた食のスタイルです。
きちんとした裏付けがあるんですね。

そしてなによりも、私たち日本人に合っているし、だからこそ負担なく実践できるのです。

super-food-1024x683

出典:geechs-magazine.com

アサイー、ココナッツオイル、バジルシード、チアシード、タイガーナッツ、次はなに???って感じのスーパーフード。

次々と出てくるスーパーフードを追っかけて、スムージーを飲んで・・・というはもういい加減やめませんか?

チルチルとミチルの青い鳥ではありませんが、本当のパーフェクトフードはもっと身近なところにあったのです~!

強力なデトックス効果と豊富な栄養素が特徴の日本のパーフェクトフード、玄米をお勧めします!

一生太らず健康でいられる食生活って、意外と簡単に手に入るのです!

皆さんも、寝かせ玄米/酵素玄米生活はじめませんか?

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの毎日が健康でキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る