玄米酵母液の効果効能:乳酸菌、酵母菌、酵素の違いを解説(万能酵母液)

今日は、「玄米酵母液」について。

最近話題になってますよね。
私はまったく知らなくて、肩こりが酷くて近所の鍼灸院に行ったとき、偶然教えてもらいました。

最初、あまり興味なかったのですが、とりあえず菌をもらい、やってみたらすごかった!
いろんな人に種菌をわけているのですが、とっても好評で「これは一生続けたい」という人が多いんです。

スポンサーリンク

玄米酵母液ってなに?

酵母とは、自然界のあらゆるところに生息している微生物です。
玄米酵母液は、玄米にいる酵母菌から作った液体です。

最近の健康関連のキーワードとして、乳酸菌、酵母菌、酵素があります。
この3つの関係、よくわかりません・・・。
そこで、調べてみました。

 

乳酸菌と酵母菌の共通点

乳酸菌

乳酸菌

腸内フローラや腸内環境という言葉を最近よく耳にしますよね。
腸内で大切なのは善玉菌ですが、善玉菌の1つが乳酸菌です。
善玉菌が増えれば、腸内環境はよくなります。
食品で摂るならば、ヨーグルト、チーズ、キムチ、味噌など。

酵母菌

酵母菌

酵母は、自然界の空気中どこにでもいる微生物です。
そして、腸の中では善玉菌として働きます。

乳酸菌は酵母菌の成長に欠かせない乳酸を作ります。
成長した酵母菌は、乳酸菌を増やすためのエサになるんです。
つまり、お互いに助け合う関係なんですね。

ちなみに、カルピスは乳酸菌と酵母で作られています。

 

乳酸菌と酵母の違い

乳酸菌と酵母菌には違いもあります。

糖をエサして生成するものが違う

両方とも糖をエサにするわけですが、乳酸菌は乳酸を作り出します。
酵母菌はアルコールと炭酸ガスを作りだします。
このアルコールと炭酸ガスが重要で、悪玉菌を抑制する効果があるんです。

乳酸にはこのような効果はありません。

働く場所が違う

乳酸菌は主に大腸で働きますが、酵母は小腸と大腸の両方で活躍します。

小腸といえば免疫系に大きく作用しますから、小腸の環境を整える酵母には、乳酸菌にない機能を持っていることになります。

構造が違う

また、乳酸菌には細胞核がありませんが、酵母菌には核があります。
乳酸菌は、残念ながら胃酸で死んでしまいます。

ところが酵母菌は細胞壁で囲まれているので、胃酸にも負けません

ヨーグルト嫌いな人いますか?

Bulgarian_yogurt

私、ヨーグルト嫌いです。
最近、女性には乳製品はあまりよくないって言われているので、ますます食べなくなりました。

私はヨーグルトの味が好きではないし、ジャムなど砂糖系のものをトッピングするのもどうかなぁって感じだし、お腹いっぱいになってしまうし・・・そんなこんなであまり食べません。
お味噌汁は飲むのですが、その程度。

でも心配なく。
酵母を摂っていれば大丈夫です!

 

スポンサーリンク

では酵素とはなんだ?

昔からある万田酵素、酵素ダイエットドリンク、野草から作った酵素などなど。

酵素とは、体内の化学反応を促進するタンパク質です。
菌ではありません(← ここ、重要です!)。

消化や吸収、代謝、排泄などをスムーズにするのが酵素です。
酵母と酵素って、「酵」は同じでもまったく違うんですね。

そして、酵素が活発に働くには、酵母が必要なのです。

つまり、酵母で腸内環境を整えない状態で酵素を摂っても、酵素は効果を発揮できません。

高い酵素ドリンクを飲んでいるのに効果が出ない方は結構多いのではないでしょうか。
まずは酵母で腸内環境を整えましょう。

 

玄米酵母液のメリット

DSC_0005

玄米酵母液には「万能」といわれるだけあって、いろんなメリットがあります。

コストがあまりかからない

長く続けるには、これが一番大事です。
サプリを初めとする健康食品って高いですよね。特に酵素ドリンク。

玄米酵母液のよいところは、ずばり安いってところ。

最初に玄米酵母液のことを知ったとき、まずはコストパフォーマンスに驚いてしまいました。
周囲に積極的に勧めているのは、コストがあまりかからないという理由もあります。

必要なのは、普通の水、黒砂糖、粗塩、玄米、そして種菌だけ
ヨーグルトと同じように、最初に種菌を入手すれば、それを使って発酵を継続できます。

扱いやすい

旅行などでお休みしたい場合には、種菌を凍結保存できます

ヨーグルトを作った方はご存知だと思いますが、容器の殺菌や温度管理など、なかなか面倒なお世話がありますよね?
ところがこの菌は非常に強いので、あまり手間がかかりません。

この私がやれてるですから、皆さん大丈夫です!

 

玄米酵母液の効果

便秘解消

なんといってもデトックス効果です。

父(70代後半)は10年以上、病院で便秘薬を処方してもらっています。
薬はよくない、くせになる、と思いつつ、飲まなきゃ出ないし・・・。
ところが玄米酵母液を飲むようになって、便秘薬がいらなくなってしまいました~!

以下、大阪弁です。

 毎朝、ほんまに清々しい!ありがとう!

って電話がかかってきました。

父が不要になった便秘薬を、これまた便秘に悩む叔母にあげたところ、今度は叔母から電話かかってきて:

叔母
種菌くれへん?私もやりたいわ!

長男(20代前半)は、小学生のころ腸閉塞で入院したことがあるほど便秘気味。
「とりあえずこれ飲んでみて」と、効果を伝えず飲ませたところ、翌日・・・

長男 22歳
なんなのこれ?今日は4回も出たけど・・・

身体が締まる

うちには体重計がないので数値は不明ですが、「なんか痩せた?」と複数の方に言われます。
これはほんのり嬉しいです。

父は運動が好きな人なのですが、ある日電話がかかってきて:

 これってまさか、筋肉つくんか?

なんだか締まってきたというのです。
70代後半でこの効果はすごいと思う・・・。

持久力がつく

私、毎年夏ばてになるのですが、今年は大丈夫でした。

その他

勧めてくれた鍼灸院の先生は患者さんに広めているわけですが、体臭がなくなる、筋肉がつく、アトピー改善など、いろんな効果が出ているみたいです。

詳しい作り方や使い方はこちら:

まとめ:さらなる腸活、美腸をめざして

酵母液には玄米の菌を使うので、無農薬の安全なお米を使いたいですよね。

私が愛用しているお米はこちらです。
酵母液だけでなく、発芽させて発芽玄米として食べています。

スポンサーリンク

発芽させるのがミソです!
玄米の発芽についてはこちら:

毒出しで腸内環境をさらにきれいに:

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの腸がキラキラ輝きますように!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る