毛皮を自宅でシャンプークリーニングして大失敗

皆さま、毛皮のマフラーやチョーカーをお持ちだと思うのです。
顔に近いところだし、ファンデーションや口紅が付いてるかも・・・。
数年に1回でも、クリーニングしたいですよね。

今日は、自宅で毛皮をクリーニングして大失敗したお話をします。

スポンサーリンク

古着屋でリッパなマフラーを購入

皆さま、高円寺って古着やさんがいっぱいあるの、ご存知ですか?
先日、古着やさんをまわってみたときに素敵なマフラーを見つけちゃいました。
お店の店員さんいわく、「入ってきたばかりで状態は非常によいです!」
動物愛護の観点からも、リアルファーって少なくなっていく感じもするし、どうせならば古いモノを大事にしたいですしね。
8000円ちょっとだったので、迷わず購入しました。
わ~、ボリュームがあって素敵!

 

IMG_1414IMG_1412

匂いが気になる・・・

自宅でさっそく付けてみます。
素敵~・・・・でも、匂いが気になる・・・。
臭いってわけではないのですが、なんか気になります。鼻に近いところにあるし。
洋服なら洗っちゃえばよいのだけど、毛皮はね。
毛皮のクリーニングってどうするんだろう?
というわけで、検索していました。

すると!
自宅でも洗える、という情報を見つけました。
毛皮は髪の毛のようなもんだからシャンプーでOK。実際私も洗ってます」と。
ふむふむ、なるほどね。

というわけで、さっそく洗ってみることにしました。
古着やさんで洗ったのに加えて、ついでに数年前に購入したシルバーフォックスのマフラーも洗うことにしました。

スポンサーリンク

押し洗い

シンクにお湯をためてシャンプーを投入。
優しく押し洗いします。

IMG_1415
汚れが出てきた。

IMG_1416
「あ~、やっぱり洗ってよかったなぁ」と思いながら押し洗い。
毛は1本も抜けません。
さすが、品質高いんだわ、これ・・・と思いながら押し洗い。

軽く絞って浴槽へ
浴槽にお湯が残っていたので、浴槽に泳がせるようにゆすぎます。
すると、あれ、あれれ・・・。
毛が抜けてきましたよ。

やばい!

ゆすぎもそこそこに、軽く絞ってタオルで水分を抜き取ります。
開けてみたら・・・・。

 

なんと!ぱっくり口が開いている~!!!!

IMG_1417

IMG_1418

なんか怖い感じになってます・・・。

フォックスのマフラーは無事です。
ところが、古着やさんで買ったマフラーはこんな無残な姿に・・・。
どんどん剥がれてきます。

ついにぱっくり。

IMG_1420

構造的には、フェルトの芯があって、その周囲に接着剤で止めてあったようですね。
お湯に入れたせいでそれが溶けてしまったみたい。
ふっさふさで隙間なしだったので、私はまさか接着剤で止めてあるとは想像もしませんでした。

結論

フォックスのマフラーは無事でした。
綺麗になった~。
こちらは、きちんと縫製されていたからだと思います。

スポンサーリンク

シャンプーで洗えるかどうかの判断の基準は、縫製なのか接着なのか、ということなのかな。
そんなの、外見からはわかりません(泣)
しかも、よけい臭くなった・・・。
結局、捨ててしまいました。

被害は8000円で済んだけど、「シャンプーで洗おうかな」と思っている方、お気をつけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る