運動嫌いに向いているメッツ健康法:どうせ歩くなら効果的なウォーキングを!

「寝起きの体温36.5℃」キャンペーン中の私は、温活のために運動することにしました。運動が大嫌いの私にぴったりかも・・・と思ったのがメッツ健康法です。

スポンサーリンク

メッツ健康法

メッツ健康法では、これだけやればよいのです:

1日8000歩歩く、そのうち「中強度」の運動を20分する

この場合の「運動」とは、負荷が「中強度」であれば、なんでもよいのです。

たとえばウォーキングの場合は、だらだら歩くのではなく、いつもよりもちょっと速度を上げて、歩幅を10センチプラスすれば、中強度のウォーキング、つまり「メッツウォーク」になります。

普通に生活しているだけで、階段の上り下り、通勤で駅まで速歩きする、速歩きで買い物するなど、1日の間に中強度の運動をしてるんですよね。

それが、合計で20分になっていればよい、ということです。

メッツ健康法のお助けグッズ

運動を最小限で済またい私は、こう考えました。
「日中にもある程度身体を動かしているのだから、1日の最後に、20分に足りない分だけをメッツウォークすればいーじゃん」。

この願いを叶えてくれるのが、「身体活動計」です。

基本は万歩計なのですが、歩数だけでなく、中強度の運動をやった時間を計測してくれる小型の機械です。

メーカー各社が販売しているのですが、年齢によるメッツ設定(目標とするメッツ数の設定)ができるのは、テルモのメディウォークだけです。

実は、ほとんどの製品は「中強度=3メッツ」で計算されているんです。
3メッツは、60歳以上ならば中強度ですが、それ以下だと低強度なんですねー。

つまり、60歳以上の方ならばどの身体活動計を選んでもOKなのだけど、60歳未満の場合は「負荷が軽すぎる」ということになるのです。

身体活動計の価格帯は2000円台から。
でもメディウォークはなんと7180円もするのですー!

手首に巻くウェアラブルはもっと高額です。
ウェアラブルはいまだ黎明期で、今後、高機能化と低価格化が予想されるので、今は買わないことにします(昔、電子レンジが登場したときに母が飛びつきましたが、当時10万円もしました・・・)。

2000円台と7000円とはあまりに差がありますが(だって3つくらい買えますよ)、頻繁に買い替えるものでもないので、購入することにしました。

日中の活動量はなんとー!

テルモのオンラインショップで購入すると、翌日に到着。
速いですね。

設定は簡単です。
目標を「4メッツ」、「8000歩」に設定。
さっそく装着です!

スポンサーリンク

私が普通に1日過ごした場合の「中強度」運動は・・・

なんと2分!(笑)

IMG_1939
これには笑いました~。
確実に運動不足です。
このままいけば、結構深刻な運動不足になっていたかも・・・と改めて実感しました。

IMG_1940

歩数も、わずか2673歩。

8000歩には遠くおよびません・・・。

これ以外に、運動強度のグラフ、歩行距離、消費カロリー、層消費カロリー(基礎代謝を考慮)などが表示され、90日間のデータがメモリに保存されます。

メッツウォーク開始

この日は、足りない18分をメッツウォークすればよいわけですね。

日中は暑いし日に焼けたくないので、日が暮れてからウォーキング開始です。
「中強度」の運動をすると、炎のマークのLEDが赤く点滅して知らせてくれます。
ゆっくりでは点滅しません。

ちょっと速度を上げて、歩幅を広くすると、点滅しました!
1人でウォーキングしているとつまらないのですが、メディウォークという「お供」がいると楽しいです。

こんなふうに、グラフ表示されます。
運動が中強度になると、下の炎マークが赤く点滅するんですねー。

ウォーキングしながらチラチラみちゃいます(笑)

IMG_1945

メッツウォークの感覚

感覚的には、「待ち合わせに遅れそうになったからちょっと急ごうかな」という感じの速度です。

2人でメッツウォークしても、息が切れるほどではないので、会話はできると思います。

あとは、歩幅を広くするというよりは、少し上下の動きを加えると「中強度」としてカウントしてくれるようです。

ジョギングのように苦しいわけではないし、汗をだらだらかくわけでもないので、続けられそうです!

後日、雨の日に歩いて買い物に行ったら、サクサク歩いただけで、中強度の運動時間が20分を超えてしまいました。
でも「メッツウォーク」を意識していなかったら、単なるウォーキングで終わっていたと思います。

意識が大切ですね!

気がついたこと

私は普段、夜、外にでることはあまりありません。

ウォーキングで夜の町をうろうろしていると、昼間は気付かなかったことに気付いたりしました。

一番驚いたのは、小規模なフィットネススタジオがものすごく増えたことです。
中高年をターゲットに、健康維持のための運動をするところですね。
それだけニーズがあるんだなぁ・・・と思いながらウォーキングしています。

週末だけでもOK、さぼっても大丈夫

青柳さん曰く「何がなんでも1日8000歩、と思わなくていい」。
「辛いなぁ」「イヤだなぁ」と思いながら運動してもしょうがない、とおっしゃっています。
1週間でつじつまを合わせたり、それがムリなら1カ月で調整したり、夏と冬は少なめで春と秋は多め、と1年でつじつまを合わせてもよいのです。

とにかく気楽に長く続けましょう。

私もメディウォークをお供に歩いていますが、20分はクリアできても、8000歩にとどかないことがよくあります。
そんなときは、「ゼロよりはマシ」と思ってあまり気にしていません。

1つ注意点

メッツウォークは「中強度」なので、朝は避けた方がよいそうです。
まだ身体が起きていないからですね。
お勧めは夕方だそうです。

でも、女性は夕方ってなにかと忙しいですよねぇ。
歩いてる場合じゃないのです。
ですから私は、夜にしています。

あと、ウォーキングに上下運動を入れるとよいのですが、張り切りすぎると膝が痛くなるのでご注意を!

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「病院に行くのはお見舞いだけ」を目指しましょう!
皆さまの毎日が健康でキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る