なたまめ柿渋歯磨き:歯周病と口臭だけでなく、歯の黄ばみにも効果的

なたまめ柿渋歯磨きを使ってみたので、レビューします!

スポンサーリンク

きっかけ

とある場所で口臭のきつい方にお会いして、「明日は我が身」にならないように予防したいと思ったのがきっかけです。


京都やまちやのころころ歯ブラシを使っているので、この歯磨き粉をチョイスしました。
ころころ歯ブラシのおかげで、私の歯磨きタイムは変わりました。

今までは、歯磨きは「やらなきゃならない義務」でしたが、今は「気持ちいいマッサージタイム」になっています。
やはり、「楽しい」、「気持ちいい」、「おいしい」ことは長続きするものですよね~。

なたまめ歯磨き

私は以前、他のメーカーのなたまめ歯磨きを使ったことがあります(マイケアなど)。
合成界面活性剤や合成発泡剤、合成香料、合成着色料などは一切使用していないので安心です。

 

なたまめの成分のみを配合しているのが一般的なのですが、京都やまちやの歯磨きには他にはない特徴があります。

1)柿渋を配合

柿は、京都産の「天王柿」を使用。
柿渋は、加齢臭を除去する効果で有名ですよね。

2)サンゴと貝殻

なたまめ歯磨きのキャッチフレーズは「口臭予防」ですが、歯の黄ばみにも効果があるものは珍しいです。
天然の研磨剤として、サンゴを配合しています。

もちろん、ホワイトニング専用の歯磨きよりは効果は劣るとは思いますが、ついでにホワイトニングできるのは嬉しいですよね。

3)グリチルリチン酸ジカリウム

もともとは、漢方の原料である甘草の根っこに含まれる成分です。
漢方では、口内炎や喉の炎症を抑える目的で使用されます。
抗炎症作用があるので、ニキビの治療薬にも配合されたりする成分ですね。

スポンサーリンク

使ってみました

パッケージの外にまでミントの匂いがもれてきます~。DSC_0026
薬用歯磨きってミントの香りがしないものが多いので、珍しいですね。

 

フタは、くるくる回すタイプ。
これ、ちょっとめんどくさいです。
やはりワンタッチが便利です(中身が漏れちゃうこともありますが)。

DSC_0029

ころころ歯ブラシに付けて、磨きます。

DSC_0027
まず歯の表面を~・・・次に内側を・・・。

しょっぱい!

赤穂の塩が配合されているので、しょっぱいです。
お子さんにはちょっと難しいかなぁ。

薬用歯磨きには、歯肉を引き締めるために塩が配合されているものが多いですね。
これは好き嫌いがあると思いますが、歯茎のマッサージには効果的だと思います。

サンゴが研磨剤として入っていますが、ざらざらした感じはまったくありません。
テクスチャとしては、普通の歯磨きです。

 

磨き終わりは、ミントの香りの効果もあるのか、爽やかです。
口の中がさっぱり爽やか!

一番の特徴は、磨いた後のさっぱり感です。
この歯磨きのおかげで、歯磨きタイムがさらに楽しくなりそうです。

 

京都やまちやの公式ホームページはこちらです(↓)
【口臭・歯周病・歯の黄ばみ】に悩む方へ⇒ただいま<全額返金実施中!>

全額返金保証付です。
味が嫌な場合は返品できるので、「塩加減がどうかな・・・」という方も気軽に試せますね。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの歯と息がキラキラ輝きますように~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る