誰もせめることはできない
(There is no blame)

私は、自分を含めたあらゆる人を責める気持ちを手放す。
人は誰でも自分なりの理解や知識、自覚を持って
ベストを尽くしている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る