40代・50代におすすめのチークの入れ方:大人かわいい場所がある

先日、小松和子さんのオーガニック化粧品のセミナーに参加したとき、チークの入れ方を教わりました。
いつもとはまったく違う方法だったのでびっくり~!

スポンサーリンク

小松和子先生

小松先生は、オーガニック化粧品のプロデュースもするメイクアップアーティストです。
女優さんのメイクもされるそうですよ。

40代50代の特徴

頬がたるむ
頬が重力の方向にたるんで、フェイスラインがぼやけます・・・。

頬がこける
たるむことによって、頬がこけてきます。

このような状態で、頬骨の上にチークを入れると、ますます頬がこけて見えるとのこと。

目の下に逆三角形

お勧めのチークはこれでした(便宜上ピンクにしていますが、色はオレンジ系でもよいと思います)。
cheek

最近渋谷あたりで、若い女の子が目の下にまあるくチークを入れているのを目撃します。
なんだか酔っ払っているみたいで変だなぁと思っていました。

「目の下」と聞いて、「若い子に流行っている酔っ払いメイクじゃないかっ」と思ったのですが、とりあえずやってみることに。

 

するとなるほど。

確かに、頬が少し上がった感じに見えます。
そして、健康そうに見えますね。血色がよくなるというか。

ただし、色が濃すぎると酔っ払いになるので、薄めがお勧めです。

「三角形」に入れるのが、ちょっと難しいのですが、三角形をイメージしながら、くるくるしないで直線的に入れるとできそうですよ。

 

ちなみに、アイブローは黒やグレーではなく、ブラウンがお勧めだそうです。
肌の色に関係なしに、ブラウンです。
というのは、黒やグレーにすると老けて見えるのだとか。

スポンサーリンク

皆さまもぜひお試しください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまが若々しいチークでキラキラ輝きますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る