免疫力アップのパントエア菌LPSとは?食べ物にも含まれるLPS配合のオールインワン化粧品リペアセラム

菌活はとうとう化粧品にまで広がってきたようです!

LPS(リポポリサッカライド)とは

「リポ多糖類」、「リポポリサッカライド」、LPS

「世界一受けたい授業」に出演された香川大学の薬学博士杣源一郎博士が紹介し、話題になっているLPS免疫ビタミン

杣源一郎博士は、LPS研究の第一人者です。

「免疫ビタミン」のすごい力 – ガンも認知症も寄せつけない – (ワニブックスPLUS新書)

新品価格
¥896から
(2016/4/4 15:05時点)

この菌は今、美容と医療の両方で注目されています。

2011年にフランスの研究者が自然免疫の仕組みを明らかにし、ノーベル生理学賞を受賞しています。
現在、日本でもさまざまな大学やNPOなどが協力したプロジェクトが進行しています。

研究のきっかけ

病気の治療で特に重要なのは、免疫力アップです。

もちろん、年齢を重ねた肌を蘇らせる鍵になるのも免疫力です。

自然界の食材には、免疫に役立つパワーを持ったものがたくさんあります。
肌に良い植物の研究を進める過程で、そのパワーは植物そのものにあるのではなく、植物と共生している菌になることがわかりました。

これが、パントエア菌LPSです。

LPSは、実はお米や野菜にも含まれていて、空気中にも浮遊しているんですって!

本来、LPSはとても身近な菌なのですね。

ところが過剰な殺菌や除菌によって、LPSは私たちの環境から消えつつあります・・・。
昔は、生活の中で普通に触れていた菌なのに。

最近の研究では、アトピーやアレルギーはLPSの不足が原因なのでは、とも言われています。

マクロファージ

白血球の1種で、細菌、ウイルス、癌細胞などを食べて処理する細胞です。

このようなお掃除機能だけでなく、免疫を活性化するものや傷を治すものなど、いろんな種類がいるそうです。

まだ十分には解明されていませんが、マクロファージを活性化させることでエイズや癌などが完全に治った事例もたくさんあり、医療分野で注目されています。

そして、このマクロファージを活性化できるのがLPSなのです。

lpscell

(出典:イミニリペアセラム)

LPSのことをもっと詳しく調べてまとめた記事はこちらです:

 

さまざまな食品に含まれているLPS

LPSは、特に和漢成分に多いことが分かっています。
一部、例を挙げます。
なんだか、健康によさそうなものばかりですね。

  • 人参(和漢)
  • 柴胡(和漢)
  • 甘草(和漢)
  • 葛根(和漢)
  • メカブ(粉末)
  • ワカメ(乾燥)
  • 明日葉
  • 小麦ふすま、小麦胚芽
  • 蕎麦外層粉
  • 桑の葉(粉末)
  • 椎茸(粉末)

imini(イミニ)リペアセラム

高濃度のLPSを配合

パントエア菌LPSを配合することで、ハリと弾力を取り戻します。

具体的には、コラーゲン、ヒアルロンSAN、エラスチンの生成をサポートします。

外からの補充ではなく、肌の底力をアップします。

1本5役のオールインワン

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • 化粧下地

下地にも使えるのは嬉しいです。

ノンシリコン

LPSを効果的に作用させるために、ノンシリコンにこだわったそうです。
石油系界面活性剤、アルコール、鉱物油、合成着色料、合成香料は使用していません

全成分
水、BG、スクワラン、グリセリン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、トリエチルヘキサノイン、ジグリセリン、パントエア/コメヌカ発酵エキス液、1,2-ヘキサンジオール、ニオイテンジクアオイ油、キサンタンガム、クインスシードエキス、メチルパラベン

こんな方に最適

40代50代の評価が高いので、期待大です!
これこそ、大人のためのオールインワンって感じです。期待がふくらむ~!

  • 肌の弾力がない
  • 乾燥する。特に目元や口元が気になる
  • お風呂上がりにつっぱる
  • 乾燥による小じわやほうれい線が悩み

さっそく注文

イミニ リペアセラム(50ml)が初回半額 2,500円(税抜)です。

公式サイトはこちらです(↓)
パントエア菌LPS化粧品 imini(イミニ)リペアセラム

 

住所などを入力してユーザー登録。

lps
最初は5400円と表示されて「え?!」と思いますが、最後にはちゃんと半額の2700円になったのでご心配なく。

クレジットカードの入力が必要です。
これは、定期購入が想定されているからですね。

気に入らなければ解約できるので安心ですが、決済はクレジットカードのみなのでご注意ください。

レビューはこちらです:

まとめ

最近、腸内環境を改善する「腸活」が注目されています。

酵母や乳酸菌などさまざまですが、今や菌は食べるだけでなく、化粧品で塗る時代になったのですねぇ。

実際、玄米酵母液や甘麹ドリンクで腸内環境はかなりよくなったという実感があり、菌の実力と可能性を感じるこの頃。

化粧品での菌活は、これからブレイクするのではないかと期待しています。
内と外からの菌活を実践してみたいと思います。

 

菌活のまとめ記事はこちらです:



最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまのお肌の底力アップ、キラキラ輝きますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る