雲霧法は老眼を改善するトレーニング:目の下のたるみ、眼精疲労、ドライアイ、偏頭痛にも効果的

私の一番の悩みは目の下のたるみ。
今日、改めて「目が疲れている」ことに気付いたのでちょっと調べてみたら、老眼を改善する画期的な方法に遭遇しました。

スポンサーリンク

毛様体筋の緊張を解く

私たちがモノを見るときには、レンズの働きをする水晶体の厚さを調整してピントを合わせています。

ピント合わせをするのが「毛様体筋」という筋肉です。

mouyoutaikin
出典:『視力回復ガイドブック』

筋肉なので、疲れてしまうと疲労し、ピントが合いにくくなります。
疲れを取るには、この筋肉をリラックスさせる必要があります。

雲霧法が効果的

「雲霧法」という名称は初耳だったのですが、メガネ屋さんや眼科で視力を測った方はやったことがあるかもしれません。
周囲がはっきり見えない変な度のレンズをかけさせられ、そのまま放置されたことはありませんか?

これが雲霧法です。

毛様体筋は常にピントを合わせようとする筋肉です。
ですが、このようにピントが絶対に合わない人工的な状況を作ると、毛様体筋はピント調整をあきらめてリラックスします。
視力検査では、雲霧法によって、正確な視力を測るために眼をリセットするんですね。

老眼の改善方法:近視にも効果的

DSC_0232

1日1回5分間行います。
手順を憶える必要もありませんし、簡単なので試してみて下さい。

準備するもの:

老眼鏡
プラス2度の老眼鏡を用意します。
100均で売っているようなものでよいそうです。

手持ちのものがあればそれでOK、わざわざ購入する必要はありません。

日常的にコンタクトやメガネを使っている方は、その上から老眼鏡をかけます。

タイマー
私は、スマートフォンのタイマーを使用します。

手順

タイマーを5分に設定し、スタート

老眼鏡を手元に用意しておき、タイマーをスタートします。

老眼鏡をかける

1メートル以上離れたものを見ます。
視界はぼんやりしているはずです。

凝視するのではなく、ぼーっとしてください。
このとき、深呼吸するなど、体をリラックスさせることが大事です。

5分経過したら終わり

注意点

夜(入浴後)がお勧めです。
夜は目が疲れているからですね。

基本的には1日1回でOKですが、朝晩2回行うことも可能です。
ただし、1回5分、という時間は守ってください。

白内障や緑内障の方や、眼の手術歴がある方でも安全だそうです。

効果

5分終わった直後に効果を実感できるそうです(特に近視の場合)。
もちろんすぐ戻るので、継続が大事ですね。

視力矯正のほかに、次のような効果が報告されています。

  • 眼精疲労
  • ドライアイ
  • 偏頭痛

スポンサーリンク

やってみようと思った理由

54歳の男性の方の体験談を読んで、「へぇ~」と思いました。

この方は、裸眼では新聞の見出ししか読めない状態でした。
この方法を試したところ、3カ月後には新聞が読めるまで老眼が改善したとか。

また、68歳の女性は、裸眼で楽譜が読めるようになったそうです。

実際やってみました。
もちろんすぐ効果が出るわけではありませんが、「何もしないでぼーっとする」というのがいいかも。
5分というのは結構長いですよ。
私のように常にちょこまかしている方、瞑想代わりにいかがでしょうか。
夜のまったりしたひとときを・・・。

これで老眼が改善されたらしめたものです!

まとめ

目の疲れは、老眼を進行させるだけでなく、目の下のたるみの原因にもなります。

考えてみれば、お腹ぽっこりなら筋トレするのに、老眼だとめがねで終わり、というのも変な話です。
毛様体筋筋の筋トレで、メガネがなくても不自由しない生活を目指しましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る