大豆イソフラボンは男性の味方です:前立腺癌や薄毛の予防に効果

先日のソイチェックの結果に、いろいろな資料が同封されていました。
よく読んでみると、「女性にはイソフラボン!」と思っていましたが、男性にも効果絶大です。

スポンサーリンク

イソフラボンから作られるエクオール

DSC_0091

さまざまな研究結果から、エクオールには4つの作用があることがわかっています。

エストロゲン様作用

エクオールは、エストロゲンのような作用をします。
これは有名ですよね。

更年期症状を和らげる

更年期症状といえばホットフラッシュ、めまい、疲労感などが有名ですが、下痢や便秘頭痛腰痛皮膚トラブルに悩んでいる方も多いそうです。

エクオールの量が多いと、更年期症状のリスクが低いと言われています。

また、実験結果では、エクオールの摂取によって、ホットフラッシュの改善(12週間で58.7%に効果)、首や肩の凝りの軽減が認められています。

メタボリックシンドロームを予防する

私も急激に太ったのでわかります(泣)
見栄えだけでなく、健康上でも深刻な問題ですよね。

エクロールは、LDLコレステロールを減らし、動脈硬化のリスクを示すCAVIや糖尿病のリスクを示すHbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)によい影響を与えます。

骨粗鬆症を予防・改善する

骨粗鬆症のなんと90%は女性です。
「腰や背中が痛いと思っていたら、実は骨粗鬆症だった」というケースもあるそうですから、注意が必要ですね。

閉経直後から年に2%ずつ骨密度が減少します。なんと、10年間で20%も減ってしまうんですね・・・。

エクオールを摂ることにより、骨密度の減少を1%に抑えることができます。

寿命が延びている今、QOL(生活の質)を向上する上で、これはとっても重要ですよね。
ちょっと転んで骨折し、寝たきりに・・・とならないように、今から準備しましょう。

DSC_0090

納豆と骨折発生頻度の関係です。
はっきりした相関がありますよね、すごいなぁ納豆。
納豆が嫌いな方も安心ですよ。納豆を上回る栄養素を含む発芽大豆があります!

年齢肌を改善する

たとえば、エクオールを摂った人は、シワの面積が少なくなる、シワの深さが浅くなるといった結果が報告されています。

抗酸化作用

体の酸化を防ぐ作用で、シミの改善や美白といった効果が期待できます。

抗エストロゲン作用

エストロゲンの働きを抑えます。

「エストロゲンの働きを抑えるなんて、やめて~!」と思ったのですが、エストロゲンは多ければいいというものではなく、過剰になると、乳がんのリスクが高まってしまいます。

これまで、欧米との比較では、乳がんにかかることの少なかった日本人女性ですが、最近は増えています。
現在、女性がかかるガンは、胃がんを抜いて第1位になってしまいました。
女性が乳がんになる確立は12人に1人というほど、身近なガンになってしまっています・・・。

エクオールはエストロゲンをほどよいレベルに調整してくれるので、乳がんリスクを抑えることができます。

抗アンドロゲン作用

エクオールは、男性ホルモンであるアンドロゲンの働きを抑えます。

前立腺癌脱毛は、過剰なアンドロゲンが原因だと言われています。

アンドロゲンは、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質と結合すると、前立腺や頭髪(前頭部や頭頂部)のサイクルを乱してしまいます。
エクオールを摂取すると、先にDHTと結合してしまうので、アンドロゲンの作用をブロックできるのです。

DSC_0092

まとめ

大豆といえば女性、と考えていましたが、なんと男性にも嬉しい効果があったのですね。

そういえば、若い頃通っていた美容院の美容師さんはいつも「40歳を過ぎたら毛根ケアをした方がいい」と言っていたのですが、「大豆がお勧めよ」と言っていたことを思い出しました。

IMG_1641

エクオールの原料になるイソフラボンを豊富に含む発芽大豆は、男性の味方でもありました!
GABAも豊富ですから、ストレスの多いお仕事の方にもお勧めです。
そのままでもおいしい発芽大豆は、トッピングやまぜるなど、普段の食事で簡単に活用できます。

だいずデイズ『スーパー発芽大豆』

こちらもご覧ください!

大豆・イソフラボンのまとめ記事はこちらです:

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆様の毎日がキラキラ輝きますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る