ソイチェック(エクオール検査)の結果が到着。予想外の結果でした!(発芽大豆)

先日受けたソイチェックの結果が到着!

私が予想していたのとは違う結果でした・・・。

エクオールを測定するソイチェック

ソイチェックとエクオールについて詳しくは、こちらをご覧ください。

 

私の結果

なななんと、5段階評価の5

DSC_0082

きっちりエクオールが作られていました。

5の評価がつくのは、わずか4%なのだそうです。
我ながら、すごく優秀です~!

DSC_0083

更年期の症状が軽かったので、エクオールは作れてるとは思っていましたが、まさかこんなに作れていたとはっ(秘密があるんですけどね・・・↓)

みんなの疑問

ソイチェックを受けた人のQ&Aが同封されていたのでまとめます。

ソイチェックでエクオールが作れていないことが判明。大豆を毎日食べてたのに、意味がないの?

大豆を継続的に食べ続けることで、エクオール産生菌が増える可能性もあります。

エクロールを作れない人が作れるようになる可能性は?

エクロールが作れない人には、2つのタイプがあります。

  • エクロール産生菌がいない
  • エクロール産生菌はいるけど数が少ない

ソイチェックではどちらのタイプかはわかりませんが、菌がいれば、食生活や腸内環境の改善でエクオールを作れるようになる可能性があります。

エクロールの産生能は遺伝なの?

遺伝ではありません。腸内細菌によるものです。

エクオールを増やす食生活とは?

大豆を食べる頻度を増やすことが大切。混載、階層、キノコ類など、腸内細菌のエサになるものもお勧めです。

まだまだ研究は進んでいませんが、緑茶を飲む人魚脂を多く摂る人にエクオールを作れる人が多いと言われています。

大豆をたくさん食べればエクオールも増えるの?

エクオールを作れない場合、検査前に大豆をたくさん食べても数値に影響はありません。

エクオールを作れる場合は、検査数日前の大豆摂取量によって多少は変化する可能性があります。

スポンサーリンク

私の場合

エクオールについては、以下のことがわかっています。

  • 大豆食品(豆腐、納豆、豆乳)を毎日食べる人は、作れる人が多い
  • 緑茶をよく飲む人は、作れる人が多い
  • 魚脂を多く摂取する人は、作れる人が多い
  • 喫煙者は、作れない人が多い
  • 乳製品の摂取量が多い人は、作れない人が多い

タバコは吸わないし、乳製品(ヨーグルトなど)はほとんど摂らないので納得です。

でも、緑茶は飲まないし(前回いつ飲んだかも忘れるくらいだし、うちに緑茶はありません)、魚脂のサプリも飲んでいません。
特に大豆食品をせっせと食べているわけでもないのです。

・・・思い当たるとすれば、発芽大豆しかありません。
これが、エクオール評価5をゲットできた秘密です。

 

発芽大豆

大豆食品については、お味噌汁は、結構頻繁に飲んでいます。具は、豆腐、油揚げ、わかめ、ネギの一点張り(笑)
そして、思い出したように、たまに高野豆腐を食べます。

DSC_0088

でも、効果を発揮しているのは、なんといっても発芽大豆だと思います。

「サプリではなく食品で摂りたい!」という思いで始めた発芽大豆。
特殊な技術で発芽させることにより、イソフラボンは普通の大豆のなんと7倍!!!
その良さは理解していたものの、今回のように数値で効果が表れると嬉しいです~!

 

楽天で買えます(↓)

1回とりあえず試してみたい方:

1000円のお試しパックがあります。

【初回限定】だいずデイズ スーパー発芽大豆・スーパー発芽黒豆 1000円 ポッキリ お試しセット 送料無料

価格:1,000円
(2017/11/14 15:26時点)
感想(971件)


発芽大豆の効果をすでにご存じの方:

スーパー 発芽大豆(50g×16袋) 送料無料【国産 北海道産 蒸し 蒸し豆 ダイエット食品 置き換え おやつ プロテイン イソフラボン だいずデイズ あさイチ】

価格:2,808円
(2017/11/14 15:28時点)
感想(650件)

 

私、検査の前日に発芽大豆を50グラム食べました~。これは反則技かっ☆☆☆

だいずデイズの発芽大豆はお世辞抜きにおいしいし、ヘタなおやつを食べるよりも格段にヘルシーです。しかも腹持ちがよい。
常温保存できるし、かさばらないので職場やお弁当に。

発芽大豆はいろいろなメーカーが商品を出していますが、ダントツのおいしさです!
イソフラボンの他に、イライラやストレスを解消するGABAも豊富です。

エクオールはサプリではなく、自前で作れたらいいですよね。

エクオールを作れるかどうかは遺伝ではないそうです。
自力で作りましょうっ!

こちらの記事もどうぞ!

大豆・イソフラボンのまとめ記事はこちらです:

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆様の毎日がキラキラ輝きますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る