眼に効く食材、第1位はブルーベリーではなかった!鮭で老眼を改善しよう

困りますよねぇ、老眼。

私はレーシックを何年も前に受けたのですが、最近は老眼が進んできています。
明るい場所ではあまり困らないけど、暗い場所では字が非常に見えにくいです。

今日は、眼に効く食材をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

眼といえばブルーベリー?

ブルーベリーが眼によいことは有名です。
ブルーベリーのサプリがたくさん出ていますよね。

眼精疲労や目の働きを高める成分は、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」。
これはポリフェノールの一種で、植物が紫外線から実を守るために蓄える成分です。

私はずっと、「眼といえばブルーベリー、アントシアニンでしょ」と思っていました。
仕事柄、1日中パソコンの画面を見ているので、眼が疲れます。

ブルーベリーのサプリを飲んでいましたが、特に効果を感じることはありませんでした。
そこで、同じくアントシアニンを含む紅芋のサプリも飲んでみましたが、これもいまひとつ効果が感じられません・・・。

ブルーベリーよりも眼にいい食材があった

先日放送された「駆け込みドクター」のテーマは「眼」。

眼によい食材を比較した場合、ブルーベリーは第3位なのだとか!!!
ブルーベリーより効果的な食材とはいったい何でしょうか???

第2位:ほうれん草

1149790_640

βカロテンルテインが豊富です。

βカロテンは眼の粘膜を保護し、ドライアイを軽減する働きもあります。
ルテインは紫外線から眼を保護し、黄斑変性や白内障の予防に効果があります。

第1位:鮭

salmon-395793_640

鮭の赤い色素はアスタキサンチン

最近では、アスタキサンチン配合の化粧品も登場していますよね。
効果は、視力回復老化防止眼精疲労の軽減など。
アスタキサンチンはとてもパワフルで、βカロテンの40倍も効果的なのだそうです。

鮭はアンチエイジングのスーパーフードだった!

アスタキサンチンは、眼によいだけではありません。

ビタミンEの1000倍という抗酸化力を持っているだけでなく、メラニンの生成を抑える美白効果もあります。

皮はコラーゲン豊富ですし、皮のすぐ下の脂質にはDHAやEPAなど、不飽和脂肪酸が含まれています。
アスタキサンチンを効果的に吸収するには、油分と一緒に摂るのがお勧めです。

スポンサーリンク

簡単レシピ

塩鮭とほうれん草のガーリック炒め

料理が得意ではないし好きでもない私の簡単レシピです。
塩鮭は好きなのですが、グリルの掃除がねぇ・・・。

というわけで、ぶつ切りにし、ほうれん草と一緒にガーリックで炒めてみました。
DSC_0110
甘塩なので、調味料はガーリックとオリーブオイルだけ。
生のガーリックがなければ、チューブのペーストでもOKです。
これで一気に洋風になりますね。
おつまみにもお勧めです。

冷凍パスタにトッピング

普段のランチは家で1人。
面倒で、つい冷凍パスタで済ますことがあります。

明太クリームパスタに、茹でたほうれん草と焼いた鮭をトッピング。
DSC_0114

「あ~今日も冷凍ですませちゃったよ~」という罪悪感を少し軽減できます(笑)

パスタ自体に味がしっかりついているので、塩鮭だとしょっぱいです。
身の厚い部分を使うか、生のサーモンで試してみてください。

更年期のお役立ち情報のまとめ記事はこちらです:

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆様の毎日がキラキラ輝きますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る